金湾大海蝦
チャイナネット    2017-08-15
文字:

 金湾大海蝦は「大明蝦」とも呼ばれ、海産の八珍味の一つとされる。この海老を汁なしで焼くのは、そのうまみを保つためである。調理人は、塩に10分ほどつけるだけで、ほかの調味料は使わない。食べる時には、個人の好みに応じてマスタードや醤油をつける。この海老は、トマトソースで煮込んだり、炭焼きにしたりしても、同じように美味しい。焼く時は時間がポイントとなる。海老の殻がカリッとなり、肉のうまみがでてくるまで焼くのがちょうどいい。時間が長すぎれば肉が固くなってしまう。金湾大海蝦は弾力性のある口当たりが特徴で、かむと新鮮な肉の香りとともに、外側の香ばしい風味も加わって、海老そのものの味を存分に楽しめる。さらに一口行けば、海の香りがさらに広がり、満足感をたっぷり得られる。「海の感じ」が一番味わえる食品として人気の所以だ。