指導者と横琴
チャイナネット
文字:

珠海市の新区でありマカオと隣接する横琴は、広東自由貿易区の一部として広東省、マカオ特別行政区のさらなる発展および大陸・マカオのつながりに特別な役割を果たしている。数年前、国家指導者は布石を打ち、横琴を頻繁に視察した。

2005年9月10日、当時の温家宝国務院総理は横琴を視察した。「横琴はいいところですね」と感嘆の声をあげながら、「計画を立てて行動し、慎重、科学的かつ合理的に開発する」と語った。また2010年、温家宝氏は「中国・ポルトガル語諸国経済貿易協力フォーラム第3回閣僚級会議」の開幕式に出席するために再び横琴を訪れ、「開発を加速すると同時に環境保護も必要である。汚染物の排出を減らし、横琴新区を広東・香港・マカオ協力の新モデルの地区、改革開放と科学イノベーション深化の先行地区、西珠江デルタにおける産業の改善を促す新たな場所にする」と現地の幹部に語った。

2009年、当時の**国家主席はマカオ大学の横琴キャンパスの定礎式に出席した際、「横琴の開発は中央の重要な政策であり、広東省と珠海市政府が横琴の全体計画の実施と指導を強め、各任務の実施を早急に進め、横琴を徐々に『一国二制度』のもとで広東・香港・マカオ協力の新モデルの地区、改革開放と科学イノベーション深化の先行地区、西珠江デルタにおける産業の改善を促す新たな場所にできることを望んでいる」と述べた。

当時の国務院副総理の李克強は2009年、「横琴を『一国二制度』のもとで広東・香港・マカオ協力の新モデルの地区、改革開放と科学イノベーション深化の先行地区、西珠江デルタにおける産業の改善を促す新たな場所にする」と強調した。

2012年、習近平国家主席は横琴を視察した際、「横琴には経済特区より特殊な政策があるため、最前線を走るという『特区精神』を発揮し、先に行動し先に試み、勇気を出して模索、実践し、新体制・新メカニズムを作り、もっと価値の大きいモデルを探し出す」と表明した。