横琴の紹介
チャイナネット
文字:

 

概要

大横琴島と小横琴島からなる横琴島は西珠江デルタにあり、珠海で最大の島である。土地面積は106万4600平方キロメートルで、マカオの三倍、香港の十分の一に相当する。優れた自然環境を有する。2009年まで、90%が未開発地であり、定住人口は7000人である。横琴島はマカオと一本の川で隔たれており、最も近いところは200メートル足らず、香港からは34海里離れている。

2009年8月14日に国務院が「横琴総体発展計画」を認可したことで、珠海市横琴は、広州・香港・澳門(マカオ)の緊密協力モデルの探索の手段となった。同年12月16日には横琴新区が設立され、経済特区以上と言われる特別政策が実施され、横琴の開発が全面的に始まった。島内には現在、1鎮・3住民委員会が設けられ、11の自然村がある。島内の居住人口は新区設立当初で7000人余りで、そのうち常住人口は4203人となっている。 

横琴新区は、協力・革新・サービスを根本とし、広東・香港・マカオをつなぐ場所としての立地を十分に生かし、香港・マカオとの協力と融合発展を推進し、広東・香港・マカオの緊密協力のモデルエリアとして、「珠江デルタをけん引し、香港・マカオに奉仕し、率先して発展する」ための措置が進められてきた。

交通

横琴とマカオの最短距離は200メートルしかない。横琴の東部はマカオと橋でつながっており、将来的に広州・横琴モノレールが横琴口岸まで延び、マカオのモノレールとつながる予定である。また、二本の海底トンネルが完成すれば、横琴とマカオのつながりはさらに密接になる。

横琴と香港の距離はわずか34海里であり、客船で1時間で到着できる。香港・珠海・マカオ大橋が開通すれば、車でわずか30分で香港に行ける。

横琴を終点とする太原・マカオ高速道路の広州・珠江区間に珠江デルタの高速道路網が形成された。この高速道路網は全長2116km、道路密度は7.37km/100m2でニューヨーク都市圏より低いが、東京、パリ、ロンドンなどの都市圏より高い。

香港、広州、深セン、珠海などの珠江デルタの重要な港は中国南海国際海運の中心になる。80ヵ国の船舶会社と世界トップ20のコンテナ船会社がここに直航路を開設し、世界各地のコンテナターミナルとつながっている。出入りする国内外の船便は毎月4500以上である。

横琴周辺100キロメーターの範囲内に、24時間営業の国際・国内線の空港は5つある。香港国際空港、マカオ国際空港、広州国際空港、深セン国際空港、珠海空港の5つである。 

香港国際空港:横琴から香港・珠海・マカオ大橋を経由し30分で到着できる。 

マカオ国際空港:横琴口岸から10分で到着できる。 

広州国際空港:横琴から車で90分で到着できる。 

深セン国際空港:横琴から車で2時間で到着できる。 

珠海空港:金海大橋が完成すれば車で10分で到着できる。

産業の位置づけ

レジャー・観光

香港・マカオが持つ世界富裕層観光客にとっての魅力を、横琴島生態景観が持つ資源の優位性と結び付けてレジャー産業を発展し、横琴島を香港・マカオと一体化した国際知名レジャー観光地に作り上げる。

ハイエンドレジャープログラムを重点的に発展し、高級リゾートホテル、療養施設、ヘリコプタークラブ、ヨットグラブ、臨海遊園地、湿地公園といった島独特の観光スポットを建設し、「海・陸・空」が一体となる、整備された観光産業チェーンを構築する。

ビジネスサービス

情報サービス、アウトソーシングサービス、商業貿易サービスといった産業を重点的に発展し、横琴を珠江口西岸地区における香港・マカオサービス受入先としての機能を持つ「区域的商業サービス基地」に作り上げる。

金融サービス

横琴の産業発展指導リストに見合った金融関連企業の発展や金融革新サービスの展開を奨励し、香港・マカオとの連携緊密化を深化させ、横琴新区を金融機関、取引プラットフォーム、各種ファンド、仲介サービス機関が集まる区域に作り上げ、中国南方の「ウォールストリート」・内外重要な「金融革新プラットフォーム」になってもらう。

科学教育・研究開発

研究開発・デザイン、教育・トレーニングといった産業を重点的に発展し、横琴を香港・マカオをはじめとする中国全土をサポートする区域革新プラットフォームに作り上げ、マカオの従来産業のグレードアップを促進し、珠江デルタ西岸地区の自主革新能力を高める。

文化クリエーティブ

映画やテレビ制作、エンターテイメント公演、工業デザイン、展示会デザイン、アニメーション・漫画デザインといった産業を重点的に発展する。香港・マカオ・珠江デルタにおける文化クリエーティブ産業の人材を誘致し、国際競争力のある、著名ブランドや独自の知的財産権を持つ大手企業及び将来性のある中小企業を育成し、横琴を珠江デルタ西岸地区における重要な文化クリエーティブ産業基地に作り上げる。

中医学・保健

広東省の中医薬医療・教育・科学研究・産業メリットの統合やマカオの科学技術力と人材資源の結集を図り、内外大手医薬企業の本部誘致を行い、中医医療、科学技術成果の実用化、展示会、物流などを一体化とした国際中医薬産業基地、および本場グリーン薬剤・ブランド健康サプリの国際取引プラットフォームを作り上げる。

ハイテクノロジー

CEPA協定(「中国本土・香港経済連携緊密化取決め」)における香港・マカオが本拠地である、免税政策優遇分野の電子情報、バイオメディカル、新エネルギー、環境保護、航空製造といった産業を重点的に発展し、独自革新と科学技術成果実用化能力の高い「エコハイテク産業基地」に作り上げる。ハイテク計画区には工業研究開発用地、倉庫保管・物流用地、住宅用地、商業サービス施設用地などが確保される。