横琴の建設中プロジェクト25件が建設再開 被害プロジェクトには資金手当を給付
チャイナネット  2017-09-05
文字:

 台風は、横琴新区の建設中プロジェクトに重大な損害を与えた。記者が横琴新区管理委員会から得た情報によると、数日にわたる緊急修復を経て、横琴新区内では8月31日までに25件の建設中プロジェクトが建設を再開した。

 横琴新区は建設中の重点プロジェクトが多く、建設中の現場が多く、外部からやって来た労務者も多い。初期的な統計によると、今回の台風では、タワークレーン38台が倒壊、13台が変形・損壊し、プレハブ住宅も大部分が倒壊するなど、横琴の建設施工業には渋滞な影響がもたらされ、短期的な建設再開は難しくなっている。

 現在、横琴新区全域の住宅・都市行政建設中プロジェクトは117件ある。このうち易方達金融ビルの主体工事や珠海横琴本部ビル(二期)の基礎補強工事、横琴新区長湾トンネル工事など25件はすでに建設を再開し、作業が整然と進められている。

 また新たに打ち出された「横琴新区建築業建設中プロジェクト被災後建設再開奨励手当弁法」によると、今回の台風でタワークレーンや工事昇降機が倒壊・廃棄処分または変形・解体処分となったり、プレハブなどの臨時住宅やボックス式変圧器などが損壊したりした建設プロジェクトは、資金手当を受給できる。