ライカプロジェクト
チャイナネット    2016-10-14
文字:

 ライカカメラ(Leica)はドイツのトップレベルの高級カメラブランドであり、著名な光学機器メーカーであり、160年余りの長い歴史を持つ。同社の株式は主に現在、アンドレアス・カウフマン博士(Dr.Andreas Kaufmann)の家族信托とプライベート・エクイティ・ファンドの米ブラックストーン・グループが共同保有している。ライカカメラは2015年に中国との協力を始め、アジア太平洋市場で大きな成功を収めた。ライカカメラは今回、横琴自由貿易エリアへの中国エリア本部の設立を決定した。ライカカメラの国際貿易の空間を拡大し、グローバル光学技術研究開発センターやライカ摂影学院大中華圏横琴分院、ライカカメラ修理サービス・保税倉庫物流センターなどを建設し、横琴とオールラウンドの協力を展開する。