優れた投資環境に恵まれた広東自由貿易区横琴地区
チャイナネット
文字:

横琴は珠江河口の西岸に位置し、珠江デルタの核心にあり、すぐれた交通環境に恵まれている。半径100kmには国際空港を含む5空港(「香港国際空港」「マカオ国際空港」「広州国際空港」「深セン国際空港」「珠海空港」)、4つの深水港(「香港ヴィクトリア港」「珠海高欄港」「広州南沙港」「深セン塩田港」)がある。

高水準の教育サービス

世界一流基準で設けられた公立の幼稚園、小学校、中学高校がある。世界トップレベルの私立学校も誘致されている。

高水準の医療サービス

世界一流基準で設けられた公立総合病院がある。世界トップレベルの専門医療機構や保養健康施設が誘致されている。

整備された文化スポーツ施設

豊富で多彩なコミュニティ公共文化スポーツ施設があり、世界トップレベルの大会や試合の舞台となる文化施設・体育館がいくつもある。

国際的なビジネス環境

横琴新区は制度革新を重視し、国際化や法制化の進んだビジネス環境の形成に尽力している。▽香港やマカオに近い全国初の商事登録管理法の実施、▽腐敗の防止・懲罰の働きを統合した全国初の新機構「横琴新区廉政弁公室」の設立、▽指導幹部家庭の財産報告公示制度の全国に先駆けた推進、▽効率的で透明な政府サービス体系の構築。▽市民との疎通のための通信アカウント「民生一号通」の開通、▽横琴とマカオとの政策のドッキングやプロジェクト協力を迅速に進めるための制度の構築――などがある。さらに香港・マカオの法律問題に関する専門家チームも設けられており、横琴新区内の香港・マカオにかかわる契約または財産権の当事者は、書面による交渉という形で香港またはマカオの仲裁機構を選択し仲裁プロセスに入ることができる。

豊富な人才資源

横琴広東・香港・マカオ人才協力モデル区は全国人才管理改革試験区の一つ。広東・香港・マカオには100校以上の大学があり、在学者は150万人を数える。香港大学や香港中文大学、香港科技大学、中山大学、華南理工大学など世界的に有名な高等教育機関がある。

人口と経済総額

珠江デルタ地区は中国大陸部の経済が最も活発で発達した地区であり、人口は5000万人以上を数える。2012年の珠江デルタ地区の生産総額は4兆7897.25 億元、一人当たりの生産総額は8万4563元(1万3454ドル)、輸出入額は9432億ドルに達した。

風光明媚な景色

山と海に恵まれ、陸と島の双方の要素がある。海洋・湿地・森林の3大自然生態系と都市の人文生態系とが調和的に共存している。

快適な気候

冬の寒さも夏の暑さも厳しくない。1月の平均気温は15度、7月の平均気温は28度。

清潔な大気

PM2.5(微小粒子状物質)の平均値は28マイクロg/m3で、高い可視度を誇る。