ビザ申請の手続き
チャイナネット
文字:

#PAGE_BREAK#

ビザの申請にあたっては、以下の資料の提出が必要となる。

一、基本申請書類

(一)パスポート:残存期間6カ月以上でビザ用の空白ページのあるパスポートの原本。パスポート申請者写真ページのコピー1枚。

(二)ビザ申請表と写真:「中華人民共和国査証申請表」。申請表に貼るためのパスポート用カラー写真(正面、無帽、薄背景色、最近撮影したもの)

(三)滞在・居留の合法性を示す証明(国籍国以外でビザを申請する場合):国籍国以外でのビザ申請の場合、所在国の滞在・居留・勤務・学習の合法性を示す証明または有効ビザの原本とコピーを提出。

(四)元の中国パスポートまたは元の中国ビザ(かつて中国国籍を持ち、その後外国籍となったもの):中国ビザ初申請の場合、元の中国パスポートの原本と写真ページのコピー。中国ビザを取得したことがあり、更新パスポートでビザを申請する場合は、元の外国パスポートの写真ページとかつて取得した中国ビザのコピー(更新パスポートに記載された氏名が元のパスポートと異なる場合は、改名を示す公的証明も必要となる)。

第(三)項に述べられている関連証明書類は下記のものを指す。

Cビザ

Cビザの申請は協議に基づいて関連証明書類を提供する。

Dビザ

Dビザの申請は必ず定住資格確認表を持参していなければならない。定住資格確認表は申請者または委託された中国に居住する親族が、定住申請地の市、県の公安局の出入国管理部門に申請し、受け取る。

注意:同ビザ保有者は入国後30日以内に居住予定地の県級以上の地方人民政府公安機関出入境管理機構で居留証を申請しなければならない。

Fビザ

中国境内の団体または個人の発行した招聘状。これには以下の内容が含まれるものとする。

1.非招聘者個人の情報:氏名、性別、生年月日など

2.非招聘者の訪問先情報:中国訪問の理由、到着・出発日、訪問地点、招聘団体または招聘者との関係、費用元など

3.招聘団体または招聘者の情報:招聘団体の名称または招聘者の氏名、連絡電話、住所、団体の印章、法定代表または招聘者の署名など

#PAGE_BREAK#

Gビザ

Gビザの申請は必ず向かう国(地域)の有効なチケット(客船、飛行機、自動車)を持参していなければならない。

J―1、J―2ビザの申請は、主管部門の証明書を提出しなければならない。外国人が中国に来て1年以上定住または居留する場合は、入国ビザを申請する際、また所在国政府が指定した医療・衛生部門によって発行されるか、または医療・衛生部門によって発行されるとともに、公証機関の公証を経た健康証明書を提出して検査を受けなければならない。健康証明書は発行の日から6カ月以内有効である。

Mビザ

中国現地の貿易協力相手の発行した商業活動書類、経済貿易交易会への招待などの招聘状。これには以下の内容が含まれるものとする:

1.非招聘者個人の情報:氏名、性別、生年月日など

2.非招聘者の訪問先情報:中国訪問の理由、到着・出発日、訪問地点、招聘団体または招聘者との関係、費用元など

3.招聘団体または招聘者の情報:招聘団体の名称または招聘者の氏名、連絡電話、住所、団体の印章、法定代表または招聘者の署名など

Q1ビザ

親族訪問が理由の場合は、次の資料の提出が必要となる:

(一)中国に居住する中国公民または中国の永久居留資格を持つ外国人の発行した招聘状。これには以下の内容が含まれるものとする。

1.非招聘者個人の情報:氏名、性別、生年月日など

2.非招聘者の訪問先情報:中国訪問の理由、到着予定日、居住予定地、居住予定期間、招聘者との関係、費用元など

3.招聘者の情報:招聘者の氏名、連絡電話、住所、招聘者の署名など

(二)招聘者の中国の身分証のコピーまたは外国人パスポートと永久居留証のコピー。

(三)申請者と招聘者との親族関係(配偶者、父母、子女、子女の配偶者、兄弟姐妹、祖父母、外祖父母、孫、外孫、配偶者の父母)を示す証明(結婚証、出生証、公安派出所が発行した親族関係の証明または公証書など)の原本とコピー。

寄養(児童を預けること)が理由である場合は、次の資料の提出必要となる:

(一)中国の在外公館が発行した寄養委託公証、または所在国または中国で公証認証された寄養委託書。

(二)委託者のパスポートの原本、コピー、預けられる児童との親族関係の証明(結婚証、出生証、公安派出所が発行した親族関係証明または親族関係公証書など)。

(三)児童を預かる受託者の発行した寄養受け入れ同意書、身分証コピー。

(四)預けられる児童の父母の双方または一方が中国公民である場合、児童出生の際の中国籍の両親の海外定住証明のコピー。

注意:同ビザ保有者は入国後30日以内に居住予定地の県級以上の地方人民政府公安機関出入境管理機構で居留証を申請しなければならない。 

#PAGE_BREAK#

Q2ビザ

(一)中国に居住する中国公民または中国の永久居留資格を持つ外国人の発行した招聘状。これには以下の内容が含まれるものとする。

1.非招聘者個人の情報:氏名、性別、生年月日など

2.非招聘者の訪問先情報:中国訪問の理由、到着・出発日、訪問地点、招聘者との関係、費用元など

3.招聘者の情報:招聘者の氏名、連絡電話、住所、招聘者の署名など

(二)招聘者の中国の身分証のコピーまたは外国人パスポートと永久居留証のコピー。

Rビザ 

中国政府関連部門が確定した外国ハイレベル人材誘致と専門人材誘致の条件に一致し、規定に基づき証明資料を提出しなければならない。

S1ビザ

次の資料の提供が必要となる:

(一)中国に居住する外国人の発行した招聘状。これには以下の内容が含まれるものとする。 1.非招聘者個人の情報:氏名、性別、生年月日など

2.非招聘者の訪問先情報:中国訪問の理由、到着予定日、居住予定地、居住予定期間、招聘者との関係、費用元など

3.招聘者の情報:招聘者の氏名、連絡電話、住所、招聘者の署名など

(二)招聘者のパスポートと永久居留証のコピー。

(三)申请人与邀请人之间的亲属关系(配偶、父母、未满18周岁的子女、配偶的父母)证明(结婚证、出生证、公安派出所出具的亲属关系证明或亲属关系公证书等)原件和复印件。(三)申請者と招聘者との親族関係(配偶者、父母、18歳未満の子女、配偶者の父母)を示す証明(結婚証、出生証、公安派出所が発行した親族関係の証明または公証書など)の原本とコピー。

注意:同ビザ保有者は入国後30日以内に居住予定地の県級以上の地方人民政府公安機関出入境管理機構で居留証を申請しなければならない。

#PAGE_BREAK#

S2ビザ

短期の親族訪問の場合、次の資料の提供が必要となる:

(一)招聘者(仕事や学習などで中国に滞在・居留する外国人)のパスポートと居留証のコピー。

(二)邀请人出具的邀请函件。该邀请函须包含以下内容:(一)招聘者の発行した招聘状。これには以下の内容が含まれるものとする。 1.非招聘者個人の情報:氏名、性別、生年月日など 2.非招聘者の訪問先情報:中国訪問の理由、到着・出発日、訪問地点、招聘者との関係、費用元など

3.招聘者の情報:招聘者の氏名、連絡電話、住所、招聘者の署名など

(三)申請者と招聘者との親族関係(配偶者、父母、子女、子女の配偶者、兄弟姐妹、祖父母、外祖父母、孫、外孫、配偶者の父母)を示す証明(結婚証、出生証、公安派出所が発行した親族関係の証明または公証書など)の原本とコピー。

個人的な事情で滞在している場合は、領事官職員の要求に基づき、個人的な事情を示す証明資料を提供する。

Xビザの申請は必ず受け入れ部門あるいは主管部門の証明書を提出しなければならない。

中国に来て観光するためにLビザを申請するものは、必ず中国の観光部門の受け入れ証明書を提出しなければならず、必要な場合、中国を離れてからの目的国(地域)に向かう航空券、乗車券あるいは乗船切符を提出しなければならない。

Zビザの申請は必ず中国の招請・雇用部門の招請状または雇用証明書または授権を受けた部門の書簡・電報を提出しなければならない。