優位性

横琴新区管理委員会
文字の大きさ:

最も独特な立地

中国大陸で唯一香港、マカオと陸や橋でつながる場所世界で発展が最も安定し急速な2番目に大きい経済圏の中国大陸を頼りにしている中国で経済が最も発達した珠江デルタを背にし、南中国海に面している「一国二制度」が交わる場所であり、中国が世界に進出し、世界が中国に入る窓口である。

最も開かれた港

「分線管理」横琴はマカオとの間に「1線管理」、大陸との間に「2線管理」を設け、「1線緩和」「2線引き締め」「人と貨物の分離」、「分類管理」を行なう。「分線管理」通関制度により横琴とマカオ、香港、珠江の河口外に特殊なエリアが形成された。

最も緩和された体制

「一島二制度」

2009年6月、全国人民代表大会常務委員会はマカオ特別行政区が横琴島のマカオ大学新校区を管轄することを決めた。

最も優遇された政策

特殊な通関・財政・税政策

特殊な土地政策

開放された産業と情報化政策

革新的な金融政策

最も住みやすい環境

美しい景色

山と海が広がり、陸と島を見ることができる。海、湿地、森林の3大自然生態システムと都市の人文生態システムが共存する。